医療用レーザーによるうなじ脱毛を受けるのに適したクリニックについて

首筋、特にうなじは、女性の美しさ・色気の重要なポイントです。
浴衣や和服などを着て髪をアップにした際はもちろんのこと、普段何気なく髪をかき上げたときにも美しさを感じさせるこのうなじですが、当然ながらムダ毛があると、その魅力も激減してしまいます。

首の後ろの部分であるうなじは、自分では細かなチェックが難しい上、自己処理にも危険が伴う為、サロンやクリニックなどの脱毛で常に綺麗にしておくことが大切です。

特に、クリニックで受けられる医療用レーザーによるうなじ脱毛は、非常に効果が高く、また、比較的短期間でうなじのむだ毛をキレイにすることができます。
そんな短期間で高い効果を得られるうなじの医療レーザー脱毛を受けるのに最適な医療機関が、湘南美容外科です。
湘南美容外科はもちろん医療機関ですので、医療レーザー機器での脱毛を受けることができますが、脱毛エステなどでは、医療用のレーザー機器に比べて出力の低い機器を用いた脱毛になってしまいます。
(このようなエステの脱毛を「光脱毛」,「フラッシュ脱毛」などと呼びます。ただ、サロンによっては、これとは異なる方式を採用している場合もあります。)

クリニックなどの医療機関で受けるうなじ脱毛と、エステサロンなどの医療機関以外で受けるうなじ脱毛の最大の違いは、効果の永久性が期待できるという点にあります。

エステサロンは医療機関では無い為、施術を行うのは医師免許等の医療関連の資格を有しないエステティシャンであり、当然ながら医療行為である永久脱毛を行うことはできません。
一方で、湘南美容外科では医師の管理下で施術を行う為、毛根や毛乳頭をしっかりと処理することが可能です。
また、エステティシャンの場合、万が一の際に迅速に適切な処置を行うことができず、火傷などのトラブルも一部では見られますが、医療機関である湘南美容外科ならば、そういったリスクを大幅に抑えることができます。

永久脱毛というと、1本1本毛穴に針を挿入して電流で毛根を処理するニードル脱毛も有名ですが、この方法は痛みが強い為、特にデリケートな処理となるうなじ脱毛には不向きです。
一方、医療レーザー脱毛は同じ永久脱毛であっても、ニードル脱毛よりもかなり少ない痛みでの毛根処理を可能としているので、うなじ脱毛でも安心して施術を受けることができます。
湘南美容外科のうなじ脱毛で、女性にとって大切なうなじを美しく保ちましょう。

次に、湘南美容外科でうなじの脱毛を受ける場合のコースや具体的な料金についてですが、まず、脱毛部位名はSパーツの「うなじ」になります。
Sパーツの脱毛の料金は、
3回コースで17,410円
6回コースで28,750円
となっています。
(ともに税込です。)

脱毛効果の高さを中心として、医療脱毛の長所について触れてきましたが、医療脱毛には欠点もあります。
それは、エステの脱毛と比較して、料金が高いことです。
特に施術1回あたりの費用の違いは顕著で、エステであれば、うなじ脱毛1回につき2,000~3,000円程度ですが、医療脱毛の場合、1回あたり5,000円程度かそれ以上になってきます。
大体、倍程度の金額になっている計算になります。

ですが、医療レーザーはエステサロンなどと比べて効果が非常に高いため、少ない回数でも実感できる程の効果を得ることができます。
さらに、医療脱毛は永久脱毛ですので、脱毛の効果は継続します。

一方、エステの脱毛は、ある程度の期間は効果が継続しますが、数年後には、元通りになってしまう、ということもよくある話です。
そのため、長い目で見れば、最初から医療脱毛を選んだ方が、得することになります。

もちろん、完全に毛を無くしてしまいたい方もいる一方で、ある程度毛が薄くなれば十分という方もいたりなど、脱毛に対するニーズは様々ですので、全ての人にとって医療脱毛の方が優れている・適しているというわけではありません。
いきなり、医療機関に脱毛に行くのは、ちょっと緊張するから、エステの脱毛から始めたいという方もいらっしゃるでしょうね。

自分が、脱毛にどのような効果や結果を求めているのかを考えたうえで、自分に合わせた選択をするのが最も良いと言えるでしょう。

 

襟足の医療レーザー脱毛の特徴~効果・痛み・値段について~

襟足部分の脱毛処理を受けるときは、どのような形で行うのがいいのか分かりづらいところがあります。
脱毛の方法としてよく行われるのは、エステサロンの光脱毛ですが、この処理は効果が強くないので、何度も処理をすることになります。
それに比べるとクリニックなどで利用することができる医療レーザー脱毛は、強い効果がありますから、施術の回数を減らすことができます。
そのため、体にかかる負担を小さくできるので、そのようなことを気にしている方に向いています。

このように、医療レーザー脱毛は1回あたりの効果が高く、結果的に施術を受ける回数を減らすことができるので、その分体の負担が小さくできる、ということです。
そのため、襟足部分の脱毛処理を受ける時は、医療レーザー脱毛の方がやりやすい傾向はあります。

また、効果の持続期間についても違いがあります。
出力の高い医療用レーザーを用いた医療脱毛は効果が高く毛根から処理出来るため、長期間ムダ毛を生えなくさせることができます。
一度、脱毛処理が完了すると、再び毛が生えてくることはほとんどありません。
(一方、脱毛エステで利用できる特殊な光を使ったフラッシュ脱毛という方法は、あまり強い効果を持たないのでしばらくたつとムダ毛が生えてくることがあります。)

ですから、襟足脱毛を効果で選ぶならば、医療レーザーを使った処理のほうが良いといえます。
ただ、レーザーを使った襟足の脱毛にも問題点はあり、それは痛みがあることです。
最近の機械は高性能化が進んでいるので、痛みを抑えて効果の高い施術を行うことが可能になってきていますが、とはいえやはり、強い痛みを伴う程の高出力なレーザーを利用するからこその高い効果なわけです。
そのため、痛みが強いというのが、医療レーザーによるうなじ脱毛のデメリットと言えます。
(その反面、脱毛サロンの施術は痛みが少ないのがメリットと言えます。)
ですが、医療脱毛はその名の通り、医療機関で行われる脱毛であるため、有料になる場合がほとんどですが、麻酔をかけたうえでの施術が可能です。

また、レーザーを使った処理はサロンの脱毛と比較して、料金が高い傾向があり、その分、金銭的な負担が大きくなることもあります。
しかし、それも最近は低価格化が進んできているので、以前に比べると大幅に安くなっています。
(とはいえ、以前と比べて安い値段で施術が受けられるのは、エステの脱毛でも同じです。)

うなじの脱毛を受ける時に、医療レーザーによる脱毛は非常に効果のある方法だといえます。
ただ、利用する時に痛みがあることと、料金が高くなることはあらかじめよく考えておいたほうがいいです。
うなじの医療レーザー脱毛に適したクリニックについて